知識

葬儀の日取り 友引に葬儀はしない方がいいの?友引人形って?

葬儀の日取り

カレンダーに記載されている六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)とは、その日の吉凶を示したものです。科学的な思考をする現代でも、六曜で冠婚葬祭儀式の日取りを決める習慣は根強く存在しています。

例えば、『仏滅』は何をするにも良くない凶日で、特に婚礼は避ける。逆に『大安』はすべてのことに終日大吉なので、結婚式に最良。などといったことは、聞いたことがあるのではないでしょうか?

その中で『友引』には「凶事に友を引く」という意味があることから、故人が参列者をあの世へ連れて行ってしまうという解釈をされ、縁起が悪いので葬儀には適さない日とされています。

 

友引は縁起が悪いから葬儀はダメ?

上記の理由で葬儀に適さないとされている『友引』ですが、実は本来『共引』と書き「決着のつかない引き分けの日」と言われていました。ですので、「友を引く」というのはその後の字の変化のよって生まれた迷信であって、マナーではありません。

ただ、仏教や神道などの宗教とは関係ないものの、ご年配の方や迷信を大切にしたい方など『友引』に葬儀を行うべきではなという考え方の方も多いため、『友引』に行いたい場合には親族への配慮も必要です。事前に希望を聞くようにするといいでしょう。

家族葬など小規模な葬儀も増え葬儀の形態も多様化している今、『友引』を気にしないという方も増加しているので、親族がOKであれば葬儀を行っても問題ありません。

友引人形とは

『友引人形』とは、友引の日に葬儀を行う際に棺に入れる人形のことで、主に関西地方に見られる風習です。『友人形』とも呼ばれます。

「友を引く」という迷信から、その身代わりになる人形を入れるようになったと言われています。
友引人形には特に決まりはなく、様々な形態のものがあります。故人が大切にしていた人形があればそれを入れるといいでしょう。ない場合には、おもちゃの人形やこけしなど何でも構いません。

『友引』の葬儀に抵抗がある中、どうしても行わなければならない場合はこのような風習を取り入れてみるのもいいかもしれません。

葬儀日程の決め方は

上記のとおり、『友引』に葬儀をするべきではないというのは迷信であり、葬儀を行うこと自体に全く問題はありません。

葬儀の日取りは、亡くなった翌日の夕方に通夜、その次の日に告別式とするのが一般的です。もし『友引』に抵抗がある場合は、1日ずらすことも多いですが、友引の翌日は火葬場が混みあうことも多いので注意しましょう。

抵抗があるのにどうしても友引の日に葬儀を行わなければならないときは、身代わりの「友引人形」を使ってみてはいかがでしょうか。