知識

香典は郵送できるの?【ご不幸時のマナー】

葬儀に参列できない時はどうしたらいいの?

お悔みごとのマナーやルールは、正しい知識を知っておかないと社会人として恥ずかしい思いをしてしまったり、トラブルになってしまったりという事が起こってしまいます。知っておいて損をする事ではないので、この機会に一度確認しておきましょう。

香典を郵送するのはマナー違反?

弔事とは突然にやってきます。以下のような理由の場合で葬儀に参列できない場合には、弔電を送ったり、香典を郵送したりという方法があります。

  • 仕事の都合がつかない
  • 遠方に住んでいてすぐに駆け付けられない
  • 訃報を知らずに後に知った場合

このような場合で、せめてお悔みの気持ちを示したいというような時には、お悔みの言葉を添えて香典を郵送しましょう。

香典を郵送する方法は?

不祝儀袋と便箋を指定の封筒に入れて、郵便局から現金書留で送ります。現金書留で送る際は、送る金額と重さによって送料が変わってきますので必ず窓口で手続きをするようにしましょう。現金書留で送ったことのない方でも、窓口で教えてくれるので分からない時には聞くようにしましょう。

香典を郵送するタイミングは?

香典を送る際はお葬式後1週間以内に送るようにしましょう。また、早い方が良いと思われがちですが、お葬式の前後は忙しいのでなるべく避けましょう。約1ヶ月で清算や香典返し等も落ち着いてしまいますので、遅くても1ヶ月以内には送るようにしましょう。

現金書留の場合は、本人に手渡しができないと受け取りができませんので、斎場ではなく喪主の自宅に郵送しましょう。

お悔やみの言葉を添える便箋はどんなものが良い?

ハガキでなく白い便箋が一番無難で良いでしょう。また、添える便箋は「重ね重ね」という意味にならないよう一枚にします。どうしても封筒に入れたい場合にはシンプルな一重のもので色味のないものを選びましょう。手紙を見るのは故人のご遺族なので、故人との関係が分かるように記しておくと親切です。

香典を郵送する際の注意点

<div class=”simple-box7″><p>・現金書留の封筒に直接現金を入れない

・入れるお金は新札ではなく折り目のあるお札にしましょう

・お悔やみの言葉を添える際の便箋は一枚にしましょう

・忌み言葉を使わない(続く/重ね重ね/いよいよ/くれぐれもなど)

・中袋の封筒にも現金書留の封筒にも必ず住所と氏名を記入しましょう

・喪主の自宅に郵送する</p></div>