葬儀

新型コロナウイルスで大切な人を亡くしてしまったら?葬儀は?

新型コロナウイルスによって亡くなってしまったら?

最後の対面はさせてもらえる?

新型コロナウイルスの感染が確認されて入院になってしまうとその間の面会すら許されないようです。現在は、コロナウイルスによる入院でなくても家族の面会が制限されていたり禁止されている病院が大半の様です。

なので、容態が急変しそのまま亡くなってしまった場合は、親や親族の死に目に会えないままという事になってしまうそうです。

新型コロナウイルスにより亡くなった人は24時間以内に火葬される場合が多い

なぜ新型コロナウイルスによって亡くなった人は24時間以内に火葬される人がほとんどなのか?

それは墓埋法第30条の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の中の規定に「感染症の病原体に汚染され又は汚染された疑いがある死体の移動を制限し、または禁止することができる」と定めており「24時間以内に火葬し、又は埋葬することができる」とされているとのこと。

ここで言う感染症の中に、新型コロナウイルスは含まれていなかったようですが、今回の世界的な流行によってこの規定に含まれることになったとの事です。

この場合は死後すぐに火葬がされるため、骨のみになった状態で葬儀を行う「骨葬」になるという事です。

志村けんさんが亡くなった際にも、実のお兄さんはインタビューで「骨になるまで対面できず、看取ることも、亡くなった後の顔を見ることも、骨を拾うこともできなかった。骨になり、骨壺に骨が入れられた状態で戻ってきた」と話していました。

「費用を抑えられる?直葬(火葬)とは…」の記事

必ず24時間以内に火葬しなければならないのか?

これは、必ずしも24時間以内に火葬しなければならないという事ではなく、遺体を袋等でしっかりと密閉し感染防止対策をしっかりすれば良いとの事です。

なので、感染症対策をしたうえで葬儀を執り行うことは可能になります。ただし、地域によって感染の状況が違ってきますので、葬儀会社等の対応もその都度地域によっても変わっていくでしょう。

厚生労働省による回答

”問1 新型コロナウイルスにより亡くなられた方の遺体は、24時間以内に火葬しなければならないのですか。

新型コロナウイルスにより亡くなられた方の遺体は、24時間以内に火葬することができるとされており、必須ではありません(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条第3項、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令第3条)*。感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります。

*通常、24時間以内の火葬は禁止されている(墓地、埋葬等に関する法律第3条)”
↪通常は24時間以内の火葬は蘇生の可能性が0ではない事から禁止されています。

”問2 新型コロナウイルスにより亡くなった方の遺体の搬送作業や火葬作業に従事する者が留意すべき事項はありますか。

遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。
また、遺体の搬送に際し、遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要であり、遺体の搬送を遺族等が行うことも差し支えありません。
他方、継続的に遺体の搬送作業及び火葬作業に従事する者にあっては、必ず手袋を着用し、血液・体液・分泌物(汗を除く。)・排泄物などが顔に飛散するおそれのある場合には、不織布製マスク、眼の防護(フェイスシールド又はゴーグル)を使用してください。衣服への汚染を避けるため、ディスポーザブルの長袖ガウンの着用が望ましいです。また、これらの器具が汚染された場合には、単回使用のものは適切に廃棄し、再利用するものは適切な消毒を行ってください。
火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。

※厚生労働省の公式ホームページ「新型コロナウイルスに関するQ&A」からの抜粋になります

遺体からウイルス感染してしまう可能性は?

厚生労働省の回答にもありましたように、遺体であっても体液や血液、その他の分泌物による感染があるとの事です。

葬儀に参列をして遺体から感染する可能性はあるの?

こちらも厚生労働省のQ&Aにもありました通り、袋などで密封し感染防止対策が取られている状態でないと葬儀を執り行えないことになっていますので、基本的には参列をしたからといって感染してしまうという事は無いでしょう。

親族が直接触れたいと希望した場合も手袋等をして感染防止対策をしっかりととった状態でないといけない事になっています。

ただ、どんなに慎重に遺体を扱っていても感染する可能性はゼロではありませんし、葬儀で人が集まることにより感染リスクが高まるという事も心得ておく必要があります。

まとめ

今、新型コロナウイルスによって大切な方を亡くしてしまった場合、入院中の面会も制限されることから、火葬され骨になった状態での対面になってしまうでしょう。ただリスクを考慮したうえでどうしても火葬前に顔が見たい・葬儀をしたいと希望することも可能。(ただし葬儀会社によっては火葬しか受け付けない場合もあるでしょう)遺体からの感染・葬儀で人が集まることによる感染拡大のリスクを十分に考慮して判断することが求められます。