葬儀

新型コロナウイルス流行の影響で葬儀は自粛傾向にあるのか?

新型コロナウイルス流行拡大の葬儀への影響

新型コロナウイルスの感染者数が日々増えていくこの状況で、新型コロナウイルスが原因での死者数も日に日に増えています。そんな中で実際に、葬儀でクラスター(集団感染)が発生した例もありました。亡くなられた方を悼む大切な「葬儀」ですが、このような状況の中、大切な方を亡くしてしまった方は普段と違う状況に困惑してしまうのではないでしょうか。現在の葬儀事情がどのようになっているのかを詳しく見ていきたいと思います。

新型コロナウイルス流行中の葬儀の決まりはあるの?

現在病気で入院している方やそのご家族は、それだけでも不安や心配を抱えている事と思いますが、コロナが流行し世界中で医療崩壊が起きている等のニュースを耳にすると、普通の方以上に不安が増す事と思います。

そんな中、このような状況で体が弱っているご高齢者や病気の方が亡くなってしまった場合、葬儀やお通夜はどのようにしたらよいのでしょうか?

政府からは三密を避けるようにと注意喚起されていますが、三密を避ければ執り行っても良いのか?現在の葬儀会社の対応や政府の意向、一般的な方の考えなどを見ていきたいと思います。

国から葬儀自粛等の指示は出ているのか?

厚生労働省の公式HPに「遺体等を取り扱う方へ」というQ&Aがありました。そちらの情報によると…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3 遺体等を取り扱う方へ

問1 新型コロナウイルスにより亡くなられた方の遺体は、24時間以内に火葬しなければならないのですか。

” 新型コロナウイルスにより亡くなられた方の遺体は、24時間以内に火葬することができるとされており、必須ではありません(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条第3項、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令第3条)*。感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります。

ー以下省略ー

問2 新型コロナウイルスにより亡くなった方の遺体の搬送作業や火葬作業に従事する者が留意すべき事項はありますか。

” 遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。
また、遺体の搬送に際し、遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要であり、遺体の搬送を遺族等が行うことも差し支えありません。
他方、継続的に遺体の搬送作業及び火葬作業に従事する者にあっては、必ず手袋を着用し、血液・体液・分泌物(汗を除く。)・排泄物などが顔に飛散するおそれのある場合には、不織布製マスク、眼の防護(フェイスシールド又はゴーグル)を使用してください。衣服への汚染を避けるため、ディスポーザブルの長袖ガウンの着用が望ましいです。また、これらの器具が汚染された場合には、単回使用のものは適切に廃棄し、再利用するものは適切な消毒を行ってください。
火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。”

ー以下省略ー

※厚生労働省HP「新型コロナウイルスに関するQ&A」より引用

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症について詳しく見たい方はコチラです→https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国から葬儀会社への指示としては、このQ&A以外に公的な基準等も無いようです。

それぞれの葬儀会社の対応は?

基本的には国からの自粛要請等はないため、葬儀会社も営業しています。

葬儀会社としては、厚生労働省のQ&Aでご紹介した指示に従い進める事になりますが、葬儀会社内での感染リスクを考えると、感染者の遺体の取り扱いに関しては慎重に慎重を重ねなければならないと気を揉んでいるようです。スタッフに一人でも感染者が出てしまったら、葬儀会社も休業せざるを得なくなってしまいますので、病院と連携の上慎重に取り扱いをしているとのこと。

そのため、葬儀会社にとっても家族にとっても感染リスクを考慮すると、24時間以内の火葬のみの場合や24時間以内の火葬ののちに葬儀を行うパターンが増えているようです。

葬儀会社によって通常と違った対応をしているところが増えている
  • コロナに感染している遺体については火葬か直葬のみの対応としている
  • 喪主もスタッフもマスク着用で葬儀をする
  • 換気やアルコール消毒等を徹底し、三密を避けるレイアウトを提案する
  • 通夜振る舞いを無くし、持ち帰ってもらう

24時間全国対応98000円~のお葬式【やさしいお葬式】

無駄を省いたシンプルな葬儀プランがおすすめ。追加料金等もありません。

この状況下で葬儀は行うべき?

新型コロナウイルスで亡くなってしまった場合に決めるべきこと

火葬を先に行うか、通常のように葬儀を行った後に火葬を行うかを決める必要があります。

24時間以内に火葬し、葬儀を行う(骨葬)

基本的にはコチラを進められるでしょうし、そうする方がリスクを減らせて良いと考える方が多いのではないでしょうか。

納体袋でしっかりと密封し火葬する前に葬儀を行う

火葬をする前に葬儀を行いたいという場合も、納体袋できちんと密封した状態であれば故人の顔を見てお別れもできるため、どうしてもこちらでという遺族もおられると思います。

ただ、通常であれば葬儀で対面する故人の顔は、プロの手によって死化粧を施した状態のため「安らかな顔で眠っていてよかった」「微笑んでいるようで安心した」等の声を聞くこともありますが、新型コロナウイルスが原因で亡くなってしまった方に関しては死化粧が施されず亡くなったままの状態で、しかも透明の袋に入れられたまま棺に入れられるため、必ずしも綺麗なお顔が見られるわけではないと言います。

本当に今必要なことは何か?個人が望む事はなにか?を考える必要がありそうですね。

新型コロナウイルス流行中の葬儀は禁止ではないが考慮すべき3つの事

こちらに関しては、新型コロナウイルスで亡くなられた方以外の方も同様です。

  1. 喪主側もクラスター(集団感染)発生のリスクを考えなくてはいけない
  2. 参列されない方がいても仕方がない(トラブルに発展させない)
  3. この状況で葬儀を行う事を故人が望んでいるか

これらの事を踏まえたうえで、どうするべきかを考える必要があります。

※近親者のみの家族葬にする場合は、訃報を伝える際のメール等で参列辞退をお願いする旨を伝えておきましょう。(香典・弔問を断る際も同様)

新型コロナウイルスで亡くなられた志村けんさんの場合

お笑い芸人の志村けんさん死去のニュースは日本中に衝撃を与えるものでした。亡くなってしまったこともそうですが、3/25に所属事務所が新型コロナウイルスへの感染を公表してからわずか4日後に亡くなられたという「症状悪化のスピードが早かった」事もとても大きな衝撃だったのではないでしょうか。

葬儀・通夜は?

所属事務所によると4/11ー4/12に近親者のみで執り行ったようです。亡くなってから通夜・葬儀を執り行うまでの期間としては、通常よりも日数が経っています。原因としては、死因がコロナウイルスだった事もあり、火葬が先だった事が大きいのではないでしょうか。いわゆる骨葬というものです。火葬が済んでいる事で、遺体が傷むこともありませんし親族や近しい方々の都合を考慮して日程を組んだのではないでしょうか。

知り合いから葬儀の連絡が来たらどうするべきなのか

緊急事態宣言が出されている地域では控えるのが良いでしょう

新型コロナが流行している今、大勢が一度に会する葬儀をする方の方が少ないとは思いますが、東京都心などの感染者が集中しているような地域の場合にはこれ以上の感染拡大を防ぐためにも参列を控えましょう。無症状の方から移るリスクも無症状で移してしまうリスクも両方あるという事を自覚しておかなくてはなりません。

ただ、今執り行われている葬儀では焼香のみ、会食なしのような人との接触を減らした葬儀にしている所が多いようですので、そのような場合はマスクをし焼香のみでの参列という選択もありだと思います。

移動も含め、参列する事を考えると感染リスクの可能性は0ではありません。住んでいる地域にもよりますので、自分でよく考え判断しましょう。

参列できない旨を伝えるには
  1. 参列できない場合にはできるだけ早く連絡を
  2. なるべく直接伝える(電話やメール)
  3. 遺族を気遣う気持ちを文章に入れる
  4. 会社関係や親しい友人等であった場合には弔電・香典を送る

香典を郵送する場合

どうしても参列しなければならない場合

お世話になった方や親しかった方から訃報の知らせを受けた場合は、どうしても参列したいという方もいるでしょう。葬儀の場合は、結婚式と違って延期や中止ができません。なので、後から後悔しない決断をするという事も大事になります。
色々な事を考慮したうえで後悔しない判断をしましょう。

対策を万全に

現在は、葬儀会社のスタッフもマスクを着用して葬儀をしているそうです。なので、参列する際もしっかりとマスクを着用して消毒等もこまめにするよう心がけましょう。

 

↪24時間対応しているので、まずは無料一括見積をとってみることをおすすめします♩