種類

密葬とは?やり方はどうやるの?

密葬とは

密葬とは、小規模で行う葬儀を指して呼ぶケースがありますが、本来は後日『本葬』や『社葬』を執り行うことを前提とした葬儀のことをいいます。

会社の代表者や著名人や政治家など社会的影響力のある方の葬儀には一般的に大勢の方が参列するため、訃報のお知らせや葬儀の準備には時間を要します。しかし、故人の火葬はすぐに必要となるため、『本葬』の前に遺族や親しい方のみで小規模な葬儀(密葬)を行う必要があるのです。

密葬の形には、遺族や親族など本当に親しい方だけで葬儀を執り行う家族葬形式、通夜を省略し告別式と火葬を行う一日葬形式、通夜・告別式を省略し火葬のみを行う直葬(火葬式)形式があります。


 

密葬と家族葬の違い

『家族葬』とは、遺族や親族、故人と親しかった方のみが参列する小規模な葬儀を指します。

『密葬』とは、小規模な葬儀という点では家族葬と変わりありませんが、先述の通り『本葬』や『社葬』を行うことが前提となります。形式は自由ですが、本葬・社葬の前に執り行うのが密葬となります。

 

密葬のやり方・流れ

密葬の流れは形式によって異なります。

家族葬形式の流れ

家族葬形式

【一日目】

1.ご臨終

2.葬儀社に連絡 安置へ移動 

【二日目】

3.納棺

4.通夜

【三日目】

5.告別式

4.出棺

5.火葬

亡くなったらまずは葬儀社に連絡し、ご遺体を安置場所へ移動する必要があります。

安置場所には一般的に『自宅』『葬儀場・斎場の安置所』『民間業者の安置所』の3パターンがあり、それぞれの事情で選ぶことになります。

そして葬儀社と通夜や告別式の打ち合わせを行います。葬儀社のプランによって内容が異なるので、費用に何が含まれているかなどの確認が必要です。

故人は仏衣で包み棺へ納め(納棺)、通夜・告別式を行い、その後火葬場へと移動し火葬を行います。

 

一日葬形式の流れ

一日葬形式

【一日目】

1.ご臨終

2.葬儀社に連絡 安置へ移動 

【二日目】

3.納棺

4.告別式

4.出棺

5.火葬

家族葬形式の通夜の流れを除いたのが一日葬形式です。

 

直葬(火葬式)形式の流れ

直葬形式

【一日目】

1.ご臨終

2.葬儀社に連絡 安置へ移動 

【二日目】

3.納棺

4.出棺

5.火葬

家族葬形式の通夜・告別式の流れを除いたのが直葬形式です。

 

密葬の費用について

密葬でかかる費用は一般葬より抑えられますが、その後『本葬』を行うのが一般的なので総合すると高額となるケースが多いです。(社葬の場合は、会社が負担します)

具体的な費用については、本葬の規模によっても異なるため、家族や葬儀社と相談の上しっかりと計画を立てる必要があります。

密葬単体ですと、家族葬形式の場合は100万円程度、一日葬形式の場合は50万円程度、直葬形式の場合は20万円程度が目安になります。

 

まとめ

『本葬』『社葬』の前に、故人とお別れをする『密葬』は遺族にとって大事な時間です。

いくつかの形式がありますので、それぞれの事情に合った葬儀を行えるよう、まずは葬儀社に相談してみましょう。

こちらは全国約400社の葬儀社の中から無料で数社見積もりをとることができるサイトです。ぜひご活用ください。⇓

全国・365日24時間対応の葬儀レビ