マナー

香典とは?簡単に解説【ご不幸時のマナー】

今さら聞けないご不幸時のマナーについて

お悔みごとのマナーやルールは、正しい知識を知っておかないと社会人として恥ずかしい思いをしてしまったり、トラブルになってしまったりという事が起こってしまいます。知っておいて損をする事ではないので、この機会に一度確認しておきましょう。

香典とは?

香典というのは、不祝儀用の水引きを結んだ袋に現金を包み、死者の霊前などにお供えするものの事を言います。→水引きとは?

通常は、葬儀の際に不祝儀袋(香典袋)に入れて遺族に渡すものになります。

香典は「香奠」と書くこともありますが、「香」=<線香や花、抹香の代わり>に「料」=<霊前に供える金品>という意味があるそうです。

通夜振る舞いや葬儀の急な出費をみんなで助け合おうという意味合いもあるようですね。

香典袋はどんなもの?

コンビニやスーパーでも買えるこのようなものです。

「御霊前」または「御香典」などと書かれている不祝儀袋のことを言います。

※「御佛前」と間違えないようにしましょう。

↪四十九日以降は?

香典袋の書き方

香典袋の選び方や書き方は故人の宗教によって変わってきます。

仏式の場合 表書き / 御霊前・御香典・御香料

水引き / 白黒または双銀の結び切り(蓮の花のイラストが書かれている香典袋は仏式のみで使用します)

仏式でも浄土真宗の場合 表書き / 御香典・御香料 ※御霊前を使うのはマナー違反になりますのでご注意ください (即身仏に基づく宗教であり、亡くなった人は仏になるため「御霊前」は使わないようにしましょう)

水引き / 白黒または銀色の結び切り

キリスト教式の場合 表書き / 御花料(プロテスタント)・御ミサ料・御霊前(カトリック)

水引き / 水引きはなし ゆりのイラストや十字架の書かれた香典袋

神式の場合 表書き / 御神前・御玉串料・御榊料

水引き / 白黒または銀色の結び切り

宗教が分からない場合 表書き / 御霊前(全国の葬儀の約9割が仏式と言われているため)

水引き / 白黒または銀色の結び切り

香典の相場はいくら?

香典の金額は、故人との関係と本人の年齢や社会的立場によっても変わってきますので、参考にしてみてください。基本的には故人との仲が深ければ深いほど高額になっていきます。

子(親が亡くなった場合の喪主以外の子) 5万円~10万円程度
親戚 1万円~5万円程度
兄弟 3万円~10万円程度
職場関係・友人知人 5千円~1万円程度
友人知人 3千円~1万円程度

あくまでも目安ですが、参考にしてみてください。

不祝儀の香典の場合、祝儀と違い予め用意しておくものではないので「ピン札」は避けましょう。新札しか手元にない場合には一度折り目を入れてから入れるようにしましょう。ただし、ボロボロのお札は避けるようにしてください。

お札を入れる向き

こちらは明確な決まりがあるわけではないようですが、袋の表に対して、お札が「裏」となるように入れましょう。香典は、お悔みなので「顔」を伏せるという意味があるそうです。