購入

樹木葬のメリット・デメリットとは

樹木葬とは

樹木葬とは、許可を得た区画に遺骨を埋葬し墓石ではなく樹木や花などを墓標とするスタイルのことをいいます。

大地・自然に還るという考え方が元になっており、近年『樹木葬』を選ぶ方も増加しています。

樹木葬が選ばれる理由

近年、樹木葬が注目され選ぶ人が増えている背景には、まず価値観・宗教観の変化があげられます。今までは墓石の建ったお墓に埋葬するのが当たり前とされていましたが、価値観が多様化したことや、宗教を熱心に信仰する方が減っている背景などもありお墓のスタイルにも選択肢が増えてきました。

その中でも、費用が抑えられ継承の必要もなく、自然に還ることのできる『樹木葬』は多くの方が注目し選択されています。

メリット

メリット
  • 継承の必要がない
  • 墓石に比べて費用が抑えられる
  • 生前購入が可能
  • 自然志向の考え方に合う
  • ペットと一緒に入ることができる

継承の必要がない

樹木葬のほとんどは継承者を必要としない永代供養墓です。使用料を支払えば管理費などは不要で、埋葬後の管理などの心配もないというメリットがあります。

核家族化や少子化の進行に伴い、お墓を継承することか難しくなり墓じまいを検討する方が増えており、後継者が不要な樹木葬は注目が集まっています。

墓石に比べて費用が抑えられる

通常のお墓を建てると一般的に150万~200万円程度かかると言われています。これに対し樹木葬はタイプにより費用は異なりますが、相場が50万円前後なのでかなり費用が抑えられるというメリットがあります。また、使用料を支払えば管理費等はかからないケースが多いので全体的にローコストで済ませることができます。

生前購入が可能

生前にお墓を建てることは縁起がいいとされています。また、相続性の負担を減らせるといったメリットもあるため、お墓の生前購入を検討される方もいます。しかし、一般的な墓石のお墓の場合、お墓を建てた時点から管理費が発生するため生前購入するのは躊躇しがちです。それに比べ、樹木葬の場合は使用料を納めれば管理費がかからないケースが多いため自分の意思で安心して生前購入を選択することができるのです。(樹木葬でも管理費がかかる場合もありますので、事前にご確認ください)

自然志向の考え方に合う

樹木葬は自然に還りたいと考える方の想いをかなえることができ、また「自然との共生」といった環境に配慮した自然・エコ志向の環境に優しいの埋葬法です。

自然を破壊するような素材や整備は使用せず、自然に還れる方法は現代の考え方にマッチしています。

ペットと一緒に入ることもできる

樹木葬の一部ではペットと同じ場所に埋葬してもらえるところがあります。子どものように可愛がったペットと一緒に眠りたいという方には嬉しいメリットです。

 

デメリット

デメリット
  • アクセスが悪いことがある
  • 埋葬すると遺骨を取り出せないタイプもある
  • お墓が荒れやすいこともある
  • 親族の理解を得られないと難しい

アクセスが悪いことがある

山の中に作られる里山タイプなど自然というメリットはあるものの、その分アクセスが悪くお墓に行くのに時間や労力がかかってしまう場合があります。

埋葬すると遺骨を取り出せないタイプもある

合祀の場合や骨壺から取り出して土に直接遺骨を埋葬する場合など、埋葬後は遺骨を取り出せないタイプもあります。

お墓が荒れやすいこともある

樹木葬のタイプにもよりますが、特に山の中にあるタイプは草木が茂りやすく管理が大変な場合があります。それを『自然の状態』と受け入れられる方には問題はありませんが、それなりに管理したい方には、墓地や霊園の中での樹木葬がいいでしょう。

親族の理解を得られないと難しい

樹木葬は近年広まりつつあるものの、やはりまだ認知度が低く親族の理解を得ることが難しいこともあるようです。

 

まとめ

『樹木葬』は、費用をかけず環境にも優しいメリットの多いスタイルです。宗教的な制約もないため、特別深い信仰のない方や自然派志向の方には特におすすめで今後ますます増えていくスタイルといえるでしょう。