遺品整理

遺品整理のやり方は?自分でできる?

遺品整理について

遺品整理とは、故人が残した遺品を片付けることを言いますが、残されたものをすべて処分するわけではありません。遺品を『貴重品や形見』『リサイクルできるもの』『不用品』などと整理しお部屋を片付けることを指します。

現代では時間や人手がなく業者に依頼する方も増えていますが、費用をかけたくない方や大切な遺品を業者が片付けることに抵抗がある方はもちろん自分でも遺品整理を行うことは可能です。

しかし、遺品整理はただのお部屋の片づけとは異なり時間と労力が必要になります。故人との別れで傷心している上に大変な作業で精神的にも疲れてしまうケースも多いので、無理はせず親族と相談し自分たちで行うのかを検討してみましょう。(業者に依頼したい場合はこちらのサイトが参考になります→【みんなの遺品整理】

遺品整理には故人とのお別れの意味もあり、気持ちの整理につながることもあるのでできそうな方は以下のやり方を参考に進めてみてください。

遺品整理のやり方

事前準備

  • 片付ける部屋(家)の確認
  • スケジュールを決める
  • 親族へ連絡する
  • 各種解約手続きを済ませる

片付ける部屋の確認

まずは片付ける部屋の様子を確認する必要があります。故人がお家で亡くなっていた場合、業者に特殊清掃を依頼しなければならないケースもありますので、まずは片付けを始められる状態かを確認しましょう。

問題がない場合には、遺品の全体量を把握しどこから片づけを始めるか、不用品がどのくらいあるかなどを確認します。

親族へ連絡する

遺品は相続品となりますので、遺品整理を行う際、自分の他に親族がいる場合は相続権のある方に相談をする必要があります。故人が住んでいたのが持ち家などで期間に余裕がある場合には四十九日で集まった際に相談するケースも多いようです。

遺品整理は、なるべく親族が揃って行った方が形見分けのトラブルなども防げるのでおすすめです。集まるのが難しい場合には遺品をどうするか事前に確認しておきましょう。

スケジュールを決める

遺品整理を開始するにあたり、ある程度スケジュールを定めておくと進めやすいでしょう。特に、故人が賃貸住宅に住んでいた場合などは退去日が決まっているはずなので、それまでに計画的に進めていく必要があります。

持ち家に住んでいた場合には、自分のペースで進められますが早く片付けたい場合は事前にスケジュールを立てておくと計画的に進めていくことができます。

親族が集まって遺品整理を行える場合には、開始日時や内容や大まかなスケジュールなどを親族に連絡しておきましょう。

各種解約手続きを済ませる

故人が契約していたものの解約や税金の手続きなどを済ませることも忘れてはいけません。契約している限り費用が発生するものもあるので、早めに解約手続きなどを済ませておけるといいでしょう。

手順

片付けに必要なものを用意する

  • 段ボール
  • ガムテープ
  • カッターやはさみ
  • ゴミ袋
  • ぞうきんなど掃除用具
  • 軍手
  • マスク
  • 筆記用具
  • カメラ

まずは始める前にこれらを用意しましょう。カメラは形見分けのトラブル防止や美術品の傷の有無などの証明になったり、もし故人宅が被災している場合などはその後の手続きの際に証明となり役立つ場合があります。その他のものは引っ越しの整理の際にも必要になるようなものが多いです。

これら以外にも必要になるものがないか事前に検討しておくといいでしょう。

不用品と残したいものを分ける

作業が始まったら、不用品と残したいものを分けながら片付けていきます。作業者が複数の場合は事前に残すものを共有しておくといいでしょう。

残すものは?
  • 通帳や現金、カード
  • 身分証明書や印鑑
  • 土地の権利書
  • 売却価値のあるもの
  • 故人が大切にしていたものや思い出のもの

残すものは上記を参考に事前に確認しておきましょう。

不用品を処分する

不用品については正しい処分方法をとる必要があります。

■資産価値のあるもの・不動産

遺言状に処分方法や相続について記載されている場合にはそれに従う必要があります。そうでない場合には親族間で相談して決めましょう。個人の判断で処分してしまうとトラブルになってしまう可能性があるので注意が必要です。

■ゴミに出すもの

ゴミについては、まずは各自治体の分別を確認しましょう。(自治体のホームページで確認できます。)家電や粗大ごみについては特に確認が必要です。

■リサイクル品

状態が良くリサイクルできるものは、ショップに持ち込むか出張買取を依頼して買い取ってもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?遺品整理は時間と労力が必要になる作業です。故人との別れにおいて気持ちの整理にも繋がるので自分でできそうな方はぜひ行ってみてください。時間や手間をかけられない方は、無理なく業者に依頼することも検討してみてください。遺品の扱いや不用品の処分などプロに頼むとやはり格段に早く楽に済みます。まずは見積もりをとってから自分で行うか検討するというのもいいでしょう。

利用者の口コミが参考になり、業者比較や見積もりが無料でできます!→【みんなの遺品整理】