遺品整理

遺品整理はいつからやる?費用はどのくらい?

遺品整理とは

遺品整理とは、残されたものをすべて処分することではありません。遺品を『貴重品や形見』『リサイクルできるもの』『不用品』などと整理しお部屋を片付けることを指します。

今までは遺族の方が行うのが一般的でしたが、現代では時間や人手がなく業者に依頼する方も増えています。

遺品整理の時期は?いつから?

遺品整理の時期は特別決まっていないので、遺族のタイミングで決めて問題ありません。

一般的に多いのは下記のようなタイミングです。

遺品整理のタイミング
  • 四十九日
  • 諸手続き終了後
  • 賃貸の場合、退去のタイミング
  • 葬儀後

 

まず挙げられるのが四十九日後です。四十九日は、遺族の心の整理がついているころであったり親族が集まるタイミングであることから遺品整理を行うきっかけになることが多いようです。特に形見分けは四十九日に行われるのが一般的です。

また、人が亡くなるとその後いろいろと手続きが必要になります。それらの手続きの後に行う方も多いようです。故人が賃貸物件に住んでいた場合は、退去手続きをしなければ翌月の家賃もかかってきてしまいますので、退去日までに片付けを行う必要があります。

なお、遺族が遠方であったり賃貸物件に住んでいた場合には葬儀後すぐに遺品整理まで行うかたも少なくありません。

業者に依頼すると費用は?

一般的な費用は下記のとおりです。間取り・内容・業者によって費用が変わってくるので見積もりを取っておくと安心です。

遺品整理相場の料金表

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※みんなの遺品整理に掲載されている600社以上の業者のホームページ、3万人以上の実際に利用した金額データから算出しています。(2020年2月17日時点)

出典:みんなの遺品整理

 

まとめ

冒頭でも述べた通り、現代では遺品整理を業者に依頼する方も増えています。こうした背景を受け遺品整理業者の数も増加しており、中には不当に高額な料金を請求するような業者も存在します。

時間が許される方は、数社見積もりを比較し安心して依頼できる業者を探せるといいですね。

日本最大級の遺品整理業者の検索サイト【みんなの遺品整理】