墓じまい

墓じまいとは?流れや費用は?

墓じまいとは?

墓じまいとは、お墓を撤去し更地にして管理者に敷地を返還することをいいます。墓じまいをしたら、お墓に納骨してある遺骨を改めて別の場所で供養する必要があり、別の墓地や永代供養墓地などに移すことは『改葬』と呼ばれています。

墓じまいの流れ

  1. 親族の同意を得る
  2. お墓の確認(遺骨の数など)・お寺や霊園に相談
  3. 墓じまい後の供養方法を決める
  4. 行政手続き
  5. 墓石撤去

1.親族の同意を得る

墓じまいにおいて、親族間でトラブルになってしまうケースもあるため、まずは親族に相談し同意を得ることから始めましょう。

2.お墓の確認・お寺や霊園に相談

その後の手続きをスムーズに進めるためにも、お世話になったお寺や霊園に墓じまいをする旨を相談しましょう。

3.墓じまい後の供養方法を決める

新しい供養方法(遺骨の行き先)を決めます。『永代供養』『手元供養』『散骨』『樹木葬』など様々な供養方法があるので事前に検討しましょう。

 

4.行政手続き

墓じまいをするには『改葬許可証』が必要になりますので、自治体へ改葬許可申請を行います。(手元供養や散骨であれば改葬許可証は不要ですが、お寺や霊園によっては許可証がないと遺骨を出してくれないケースもあるのでこの点においても事前に確認しましょう。)

5.墓石撤去

更地で返還するには、墓石の解体・撤去が必要となるため、石材店に撤去作業を依頼します。お寺・霊園側が指定している場合もありますが、ない場合は自分で石材店を探さなければなりません。費用なども各社異なるので、数社見積もりをとってみるといいでしょう。

 

このように墓じまいにはこのような様々な手続きが必要となります。何度も経験することではないのでわからないことやスムーズに進まないこともあるでしょう。不安な方やお忙しい方は墓じまいの代行サービスなどもあるのでうまく利用すると手続きを手早く安心して進めることができるのでおすすめです。

【わたしたちの墓じまい】

 

近年墓じまいが増加している理由

増加理由
  • お墓の継承者がいない
  • 子どもに負担をかけたくない
  • 遠方で墓参りが困難
  • 高齢になり墓参りが困難
  • 経済的理由

少子高齢化・核家族化・人口減少・宗教観の変化などといった背景により、墓じまいをする方が増えています。お墓を継ぐ人がいないケースや「子供に負担をかけたくない」と考え墓じまいを検討するケースが多くなっています。

墓じまいにかかる費用

お墓の撤去費用

墓石の撤去費用です。1㎡あたり10万程度が相場ですが条件によって価格差があるので見積もりで確認しましょう。

お布施

遺骨を取り出す際、お墓の閉眼供養を行いますので、その時にお布施を渡します。相場は地域や宗派によっても異なりますが、3万~10万円程度です。

なお、墓じまい後、新しいお墓に遺骨を入れる場合はその際にもお布施が必要となります。

離檀料

墓じまいで檀家を抜ける場合、お世話になったお寺に離檀料を支払います。これは法的なものではなく、感謝の気持ちを表す慣習として行われているものですので、必ず包まなければならないわけではありません。ただ、中にはお寺が高額な金額を請求してくるケースもあり問題となっています。

相場は関係性などにもよるので幅があり3万~20万程度です。

墓地の購入費用

取り出した遺骨を新しいお墓に入れる場合にかかる費用です。これはどういった形態を選ぶかによって大きく金額が異なります。

行政手続き費用

役所の手続きにかかる費用です。

このように、墓じまいにかかる費用は内容によって幅が広いのでそれぞれのケースで事前に見積もってみるといいでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?墓じまいは意外と手続きも多く面倒です。時間や手間をかけたくないという方は代行に依頼するとスムーズですのでそちらもご検討ください。⇓

【わたしたちの墓じまい】改葬・行政手続き・墓じまいのことならすべておまかせください。