ジャンプスターターを買う前に知っておくこと

jump starter img 160308

ジャンプスターターは「バッテリー上がり」が起きた時に、車のバッテリーをブースターケーブルで接続て、エンジンをかける分の電力を瞬間的に供給してくれる便利なツールです。

車のバッテリー上がりに対処できるツールは、バッテリー充電器ジャンプスターターの2つあります。

バッテリー充電器とジャンプスターター、「バッテリー上がり」にどちらが有効なのか比べてみましょう。

バッテリー充電器

battery charger img 01

バッテリー充電器は充電することでバッテリー上がりを防ぐことができます。

バッテリーの容量と充電器の定格出力にもよりますが、車を動かさない状態で半日ほどでフル充電できます。

バッテリーには「46B19L-MF」のような規格表示があります。

充電はこの表記(5H容量)の1/10の定格出力で充電するのが好ましいと言われます。

例えば24A19表記なら2~3Aで10時間、46B19なら4~6Aで10時間が目安になります。

種類にもよりますが、大型で重量があるので持ち運びに不向きだし、突然のバッテリー上がりには対応できません。

ジャンプスターター

jump starter img 01

突然のバッテリー上がりにも自力で対処できるのがジャンプスターターです。

コンパクトボディでパワフル、持ち運びにも便利だし、僅か数十秒で「バッテリー上がり」が解消します。

始動時の支援のみですが、エンジンさえかかればバッテリーは走行中に充電できるので問題ありません。

ジャンプスターターはバッテリー上がりを解消するだけでなく、日常の生活でもスマホやPC、生活家電などに給電できる便利な機能を備えたものもあります。

突然のバッテリー上がりにはジャンプスターター

バッテリー上がりの予防にはバッテリー充電器

と言うことになります。

バッテリー上がりはいつ起こるかわからないので、コンパクトで確実に解消する商品を選ぶことが大切です。

コンパクトボディとパワフルさでジャンプスターターを選ぶなら、V12マルチチャージャーが一番です。