バッテリーの寿命

battery-jyumyou img 160310

車のバッテリーには寿命があり、使用環境によっても大きく異なりますが、平均すると2~3年くらいで寿命がきます。

また、車のエンジンがかからないのは同じですが、バッテリーのトラブルには「バッテリー上がり」「バッテリー寿命」「バッテリー不良」3つの症状があります。

電気の使用量が充電する量を上回ることで起こる充電不足(過放電)の状態を「バッテリー上がり」

バッテリーの劣化により、電気を十分に蓄えることができなくなった状態を「バッテリー寿命」といいます。

バッテリー上がりは、充電器で充電することで電気容量を回復することができますが、バッテリー寿命の場合は化学反応を起こす極板が十分に残っていないため、充電しても電気容量を回復することはできません。

またバッテリー不良」は、内部で正常な化学反応が起きないため、充電そのものができなくなることを言います

「バッテリー寿命」と「バッテリー不良」の場合は、バッテリーの交換が必要です。

バッテリーの寿命が近づいてくると、

・キーを回した時のセルモーターの回転音が鈍くなる
・パワーウィンドウの動きが遅い
・ヘッドライトが暗い

などの症状のほか

・バッテリー液が減りやすい
・バッテリー本体が膨らんでいる
・バッテリー本体が熱を持っている
・バッテリー液が漏れている
・バッテリーの端子付近に粉がふいている

といった、バッテリーそのものにもさまざまな現象が起こってきます。

充電しても比重が上がらなかったり、過去に何度かバッテリー上がりの経験があれば交換の時期がきたと考えてもいいでしょう。

車のバッテリーの寿命を延ばすコツは、メンテナンス定期点検です。

運転の仕方やメンテナンスを定期的に行うなど、バッテリーに負担をかけないようにすることで寿命を延ばすことができます。

コメントを残す