夏場にも多いバッテリー上がり

batteryagari-natsu img 160306

冬場は寒いのでバッテリー上がりが起きやすいことが知られていますが、夏の暑い時期にも走行中に突然エンジンがストップしてバッテリーが使えなくなることがあります。

JAFのロードサービス救援依頼でも、バッテリー上がりが断トツの1位で、冬場は12月、夏場は8月が多くなっています。

正月やお盆休みでの帰省や旅行の時期と重なっていることがわかります。

気温が高い夏でも、バッテリートラブルが多いのはなぜでしょうか?

これは停車中の発電量が、使用中の電圧より多くなる夏の暑い時期にバッテリーに負担がかかるためです。

夏のバッテリー上がりの原因は複数ありますが、以下の表は車の機器の主なものを消費電の大きなものから順にリストアップしたものです。

batteryagari-natsu

バッテリーのトラブルが多くなる理由は気温と大きな関係があります。

冬場の寒い時期の低温状態ではバッテリー機能が著しく低下します。

また夏の暑い時期には、単純に電力の消費量が多くなり、オルタネーターの発電量が消費量に追い付かなくなることでバッテリーの蓄電量が低下してしまいます。

夏場に最も電力消費が多いものがエアコンです。

車のエアコンは家庭用エアコンなどとは異なり、システムの核になっているコンプレッサーは、エンジンの出力によって動きますので、基本的には電力を必要としません。

何が電力を消費するのかというと、風を送るためのファンなんです。

送風用のファンは電気モーターによって回転しますが、暑い時はフル回転の状態になり、バッテリーに負担をかけてしまうことになります。

そしてもうひとつの電力消費するのが、意外にもブレーキランプなんです。

真夏の高速道路などで渋滞にハマってしまったら、必然的にブレーキペダルを踏んでいる時間が長くなります。

渋滞時はエンジンの回転数が上がらないため、オルタネーターの発電効率も下がります。

発電量が少なくて、消費電力が多ければ、バッテリーに負担がかかってしまいます。

これが夏に起こってしまうバッテリー上がりの原因です。

では、夏場の暑い時期にバッテリーの消耗を抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

一番有効的な方法がエアコンの風量を抑えることです。

JAFのデータでも、エアコンが最も多く電力を消費しているのは、風力を最強に設定している状態でのことがわかっています。

オートエアコン装備車であれば、風量をオートに設定しておけば自動的に風量を調節してくれます。

その際、少し高めの温度設定をしておけば燃費も良くなるでしょう。

また、カーナビやTVなどは消費電力がそれほどでもないので、よほどバッテリーが危険な状態でない限りは電源を落とす必要はありません。

夏場の暑い時でもバッテリーやオルタネーターが正常であれば2~3時間くらいの渋滞でバッテリーが上ってしまうこともありません。

バッテリー上がりが起こる原因は、バッテリーが弱っていたり、液が不足している場合が多いので、長距離ドライブをする前にはバッテリーを点検しておくことが大切です。

また、高速道路などの渋滞でバッテリー上がりが起こってしまうと周りの車にも迷惑がかかってしまうので、ケーブルやジャンプスターターなどを準備しておくことも大切です。

冬はバッテリー上がりが増えやすい季節

batteryagari-fuyu img 160305

冬はバッテリー上がりが増えやすい季節です。

batteryagari-fuyu 001

表が示すようにバッテリーは寒さに弱いことがわかります。

冬にバッテリーが上がりやすくなる理由

なぜ冬になるとバッテリーが上がりやすくなるかというと、それはバッテリーが気温が低くなるほど性能も下がるという特性を持っているからなんです。

それに、気温が低いとエンジンオイルが固まりやすくなるので、エンジン始動にはいつも以上の電力を必要とします。

そんな理由から、冬の寒い季節、特に朝はエンジンがかかりにくくなります。

バッテリーが上がる前には、何らかの予兆があると言います。

■ セルモーターの回りが重くなる

エンジンをかける際に「キュルキュル」と回転音がしますが、この「キュル、キュル」の音の間隔が長くなってきたバッテリー
に問題がある可能性があります。

「カチカチカチ」という音がするだけなら「バッテリー上がり」でエンジンはかかりません。

■ 電気系統機能の低下

アクセルの踏み込み加減や信号待ちでヘッドライトが暗くなったり、パワーウインドウの動きが遅くなったり、引っかかったり、正常な動きと違う場合もバッテリーに問題があるのかもと疑ってみる必要があります。

これらの兆候が見られたら、早めにガソリンスタンドや修理工場でバッテリーを点検しておきましょう。

ちなみにJAFへのロードサービス依頼ベスト3は、

1位 バッテリー上がり

2位 タイヤのパンク

3位 キーの閉じ込み

の順なっています。

バッテリー上がりでJAFにロードサービスを依頼すれば、通常12,880円~24,190円、高速料金などが必要な場合には3万円以上になることだってあります。

そればかりか、場所によっては寒い車内で1時間以上待たされることだってあります。

でも、事前にジャンプスターターを準備しておけば、「バッテリー上がり」が起こっても自前で速効解消することができます。

最近ではいろいろなジャンプスターターが販売されていますが、コンパクトでハイパワー、「V12マルチチャージャー」のよな信頼性の高いモノを選ぶことが大切です。

『転ばぬ先の杖』ではありませんが、寒い冬場に備えて、ジャンプスターターを準備しておけば、そのありがたさが身に染みてわかります。

「バッテリー上がりに備えておいてよかった!」という日がきっと来るはずです。

車・バイクのバッテリー上がり

batteryagari-genin img 160305

車を運転する人なら誰もが1度は経験したことのある「バッテリー上がり」。

そもそも「バッテリー上がり」とは、 電力の使用量が蓄電する量を上回ることによって起こる電力不足のことを言い、 電力容量の低下によるバッテリー劣化を「バッテリー寿命」と言います。

エンジンがかからないからと言って、すぐにバッテリー上がりと決めつけず、エンジンがかからない原因を特定する必要があります。

バッテリー上がりの原因はいろいろあります。

batteryagari-genin 001

主なバッテリー上がりの事例は表が示す通です。

また、盗難防止装置を取り付けている車両は、エンジンを切っても20~30mAの暗電流が流れていますので、こまめに補充電をしていないとバッテリー上がりに繋がりります。

バイクは、車体構造そのものがコンパクトなので、車のバッテリーよりも容量の小さいバッテリーを搭載しています。

そのため、「セルスターター の勢いが落ちた」や「ホーン音量が低下した」など、電圧不足によるバッテリー上がりの兆候を見逃さないことが、バッテリー上がりによるトラブルを回避するための有効な手段のひとつです。

バイクでバッテリー上がりになった際の対処法ですが、「押し掛け」や「キックスタート」が知られています。

ただ、最近のバイクは燃料噴射装置をはじめ、電子制御化が進んだこともあり、ライダーがバイクを押したその勢いを利用する「押し掛け」ではエンジン始動ができなくなりました。

また、自分の足でクランクシャフトを回すことでエンジンを始動することができるキックスターターを装備したバイクであっても、バッテリー電圧がメーカーの規定値を下回っている場合は、燃料ポンプを作動させるための電圧が不足して、キックスタートではエンジンの始動ができません。

そして、車やバイクのバッテリーとパソコンやスマホのバッテリーには大きな違いがあります

パソコンやのスマホのバッテリーは、最後まで使い切ってから充電した方が長持ちすると言います。

しかし、自動車やバイクのバッテリーは、最後まで使い切ってしまうとと、寿命が極端に短くなります

パソコンやスマホなどのバッテリーはリチウムイオン電池、リチウムポリマー電池で、連続で充電し続けるとメモリー効果が発生して寿命が減ってしまいます。

一方車やバイクなどに使われるバッテリーは、硫酸と鉛を使った鉛蓄電池が使われてます。

繰り返して充電したり、放電を繰り返すと、サルフェーションが発生して鉛の板が変質してしまい、充電容量が減少してしまいます。

最近のエコカーは充電制御システムと呼ばれる省燃費技術が搭載されていて、バッテリーが満タンでアクセルを踏んでいる時には充電させず、バッテリーが減っていたりアクセルを離している時にしか充電をしない仕様になっています。

車やバイクに搭載されているバッテリーのことが少し理解でき他のではないでしょうか。

車やバイクでバッテリーが上がってしまった場合は、他の車、つまり救援車から電気を一時的に分けてもらうことでエンジンを始動させることができます。

これを「ジャンピングスタート」と呼びます。

ジャンピングスタートには、ブースターケーブルと呼ばれる赤と黒2本の専用のコードが必要です。

ジャンピングスタートに欠かせないのが、「V12マルチチャージャー」などのコンパクトなジャンプスターターです。

不意のバッテリー上がりに備えて、ジャンプスターターを常備しておくことをオススメします。

ジャンプスターター/V12マルチチャージャーの評価

v12multicharger img 160303

世界最小のジャンプスターターながらハイスペックで人気のある「V12マルチチャージャー」の評価をまとめてみました。

車のバッテリーが切れてエンジンがかからなくなる、バッテリー上がりという現象には慌ててしまいます。

実にバッテリー上がりは、1日2,000件以上も報告されていて、特に冬場と真夏にもっとも起こりやすいとされています。

一度でも経験されたことがある方ならわかるでしょうが、かなり厄介で時間がかかる上、ロードサービスを呼べば高速代金を含めると最大3万円もかかることもあります。

救援車を探してブースターケーブルを繋いで解決する方法もありますが、他人へ迷惑をかけることにもなり、時間もロスしますし、事故の危険性もあります。

また、ロードサービスへ救援依頼しても、1時間程度は待たなくてはいけませんし、場合によって出費も大きくなります。

そんな時でもジャンプスターターに繋げて、エンジンをかければ「バッテリー上がり」にも秒速で対処できます。

小さなボディからは想像できないほどの高出力な400A電流、そして「バッテリー上がり」4,000ccまでの車両のエンジンを連続20台まで、速効解消することができます。

バッテリー上がり対処、究極の時短、費用の節約にもなる「V12マルチチャージャー」の口コミ評価を幾つか拾ってみました。

ジャンプスターター/V12マルチチャージャーの評価

e_others_15 さん太さん  評価 

電動パーキングブレーキの車には必需品!! 

先日、一般公道交差点で新車(1ヶ月点検帰りだったそう)のゴルフの
E/gが掛からず立ち往生していた。

見た目で新車とわかったので、バッテリー上がりはないだろうと思い
ガス欠なら一旦Nレンジに入れて押して移動しようか?と声を掛けた。

ガソリンは入っているし、点検帰りとのこと・・・

E/gを掛けようとDレンジからPレンジに入れ直し、スタートスイッチを押しても反応なし。

移動しようにも、Pレンジからレバーが抜けないらしい。

解除ボタン押しながらやってる?と聞くと押してもダメとのこと・・・

セルが回らないところを見るとやはりバッテリー上がりかとなり
別の人が持っていた(奇跡の助っ人)スターターを借りて繋ぎ、E/gを掛けてみたところ、見事に掛かった。

E/gが掛かったことにより、Pレンジも抜け、電動パーキングブレーキも解除となった。

走行中上手く充電されていなかったようで、交差点停止の際、アイドリングストップ中にバッテリー上がりとなったみたい。(不謹慎かもしれませんが、良い勉強になりました)

自分の車(NX)も、アイドリングストップ付き、電動パーキングブレーキなので
万が一バッテリー上がりとなってもすぐ対応できるよう急いで購入しました。

まだ使用はしていませんが、付属ケーブルも十分届くことが確認できました。

(標準搭載バッテリー形式 S-95 (105D26Lが同等のようです))ので緊急時は活躍することでしょう・・・

e_others_10 IRさん  評価 

買って損はありません 

小さいながらしっかりしていて、安っぽさがなく、とても満足しています。

バッテリーが空っぽの2.0Lディーゼル車も一発では無理でしたが二発でエンジンが掛かりました。

e_others_16 まるわさびさん  評価 

インターナルの正規品 

USB充電のゴールドを購入。

類似品は不具合が多そうなのでこちらにしました。

イメージよりは若干重みがあります。

特に問題はなかったですが、唯一ブースターケーブルの差し込み口が異常に固く、
抜き差し時にケーブル等が接触しないかと不安を感じました。

V12マルチチャージャーの評価をネットで探せば、カスタマーレビューの数も多く、利用者が多いことがわかります。

また、5つ星の評価を平均すると4.2とかなりの高評価を得ていることから信頼性もあることがわかります。

私は、V12マルチチャージャーGTを使っていますが、「バッテリー上がり」だけでなく、スマホの充電にも使えるので評価は星4.3。

ポテンシャルも高いので、買って損のない商品だと思います。

>>世界最小のジャンプスターター!V12マルチチャージャー

V12マルチチャージャーの品質と安全性

v12multicharger img 160303

V12マルチチャージャーは軽量・高出力のリチウムポリマー電池を使用しています。

リチウム電池は本来扱いが難しく、低品質なものでジャンプスターターの高い出力を出すのは事故や故障の原因になりかねません。

V12マルチチャージャーは、ハイスタンダードな日本市場向けに製造されたグレードA電池のみを使用していますので、独自の回路版で効率良く、かつ安定した出力でジャンプスタートをが行えます。

セーフティーケーブルには6つの保護機能を搭載し、過失や事故による車へのダメージを防止してくれますし、誤操作をアラームで知らせてくれます。

また、3段階切り替えのLEDを搭載しているので、暗い場所や夜間の作業でも安心です。

 製品仕様
v12multicharger-hinshitsu img 001

販売元のインターナルさんで購入しておけば、ZELLAブランドの製品は1年保証が付いていて、交換、検査、修理も無償で行ってくれます。

また、不明な点が1つでもあれば無料でサポートしてくれます。

もちろんPL保険加入済みで、充電アダプタ―はPSE適合商品です。

確かな品質と安全性でジャンプスターターを選ぶなら、「V12マルチチャージャー」という選択がベストです。

>>世界最小のジャンプスターター!V12マルチチャージャー

ジャンプスターター/V12マルチチャージャーの使い方

v12multicharger img 160303

世界最小のジャンプスターターにもかかわらず、バッテリー上がりを速効解消してくれる、V12マルチチャージャーの使い方はとても簡単です。

ジャンプスターターを使ったことがないという方でも簡単に使えますので、まずは動画をご覧になってください。

どうです、簡単でしょう。

エンジンが突然かからなくなってしまう、車のバッテリー上がりも、V12マルチチャージャーがあれば安心です。

特殊な回路設計で、なんとピーク電流400Aを実現しています。

専用のケーブルを取り付けて、動かなくなった車のバッテリーにつなげるだけで、エンジンスターターになり、ロードサービスを呼ぶ必要もないので、余計な時間と出費もかかりません。

V12マルチチャージャーは、薄さ14mmの小さなボディにもかかわらず、12Vエンジン車なら連続で20台を始動させてしまうほどのハイパワー出力を備えています。

ここまでコンパクトだから、常に持ち運べたり、ダッシュボードの中や軽自動車、バイクにも保管できるところが今迄のジャンプスターターにはない大きな魅力です。

使い方はいたって簡単!たったの3ステップです!

v12multicharger-tukaikata img 001

接続する時は「1.赤クランプ 2.黒クランプ」の順番で接続してエンジンをかければ、1分以内にバッテリー上がりが解消します。

エンジンがかかって外す時は「1.黒クランプ 2.赤クランプの順番で外すだけのお手軽さです。

まさにバッテリー上がりの救世主がこのV12マルチチャージャーです。

ここ数年で小型のスマホの充電ができるマルチ機能の「ジャンプスターター」も出回り始めましたが、どれもポケットやバックの中で持ち運んだり、車のダッシュボードに保管するには大きすぎるものでした。

すべての無駄を削ぎ落とし、必要な機能だけを残したのが「V12マルチチャージャー」です。

今一番コンパクトでハイパワー、そして使い勝手の良さで支持されているのが「V12マルチチャージャー」です。

マルチな機能を搭載した「V12マルチチャージャー」を是非使ってみてください。

ジャンプスターターは機能を誤って使ってしまうと故障や事故、怪我の原因になりますので、使用する際にはくれぐれも注意してください。

>>世界最小のジャンプスターター!V12マルチチャージャー

V12マルチチャレンジャーのオススメポイント

v12multicharger img 160303

車に乗っていれば誰にでも起こってしまう可能性がある「バッテリー上がり」を簡単に解消してくれるのがジャンプスターターです。

バッテリー充電器でも、ジャンプスターターでも、バッテリー上がりには対処できます。

v12multicharger-osusume 01

v12multicharger-osusume 02

いずれもバッテリー上がりの救世主ですが、より便利で使い勝手がいいのはどちらなのでしょうか?

バッテリー充電器は充電に時間がかかるので突然のバッテリー上がりには不向きだし、種類にもよりますが大型で重量があるので持ち運びには向いていません。

またジャンプスターターは、できるだけコンパクトで安全性の高いものや多機能なものが求められます。

そしてジャンプスターターなら何でもいいというわけではありません。

ブースターケーブルの不便さ、危険性を改善するために開発された『V12マルチチャージャー』のようなジャンプスターターが
オススメです。

バッテリー上がりは自分で対処したいが、

・重くて大きなジャンプスターターは持ちたくない

・見た目も機能も重視したい

・安心してドライブが楽しみたい

・スマホやデジカメも充電したい

せっかく買うのならマルチな機能を備えたV12マルチチャレンジャーがベストです。

世界最小のマルチチャレンジャーのオススメポイントを紹介しましょう。

V12マルチチャレンジャーのオススメポイント

■ ロードサービス1回分のコスト

v12multicharger-osusume 03

意外と頻繁に起きてしまうのがバッテリー上がりです。

思わぬときにおきてしまい、自分で対処するのが非常に厄介なのが 車のバッテリー上がりです。

ロードサービスを呼んで、助けに来てくれるのをまつか、他の車に助けを求めてブースターケーブルを使って、お互いのバッテリー同士を繋げてエンジンを始動するしかありません。

JAFのロードサービス救援依頼の中でも「バッテリー上がり」は断トツのNo.1です。

JAFに救援依頼すれば通常でも12,880円~24,190円、最大で3万円以上になることもあります。

V12マルチチャレンジャーなら、JAFのロードサービス1回分のコストで、バッテリー上がりが何度でも一発で解消します。

■ 余計な時間もかからず一発解消!

v12multicharger-osusume 04

突然にバッテリーが上がってしまうと救援者がすぐに見つからないことも・・・。

また、ロードサービスを呼んでも、場所によっては1時間以上も待つことになります。

V12マルチチャレンジャーなら、余計な時間や出費もかけることなく、ピンチを脱出できます。

■ コンパクトながらハイパワー出力!

v12multicharger-osusume 05

V12マルチチャージャーは、僅か210gni薄さ14mmの小さなボディなのに、専用回路で400Aの出力を実現して、12Vエンジン車なら連続で20台を始動させてしまうほどハイパワーを備えています。

ここまでコンパクトだからこそ、常に持ち運べたり、ダッシュボードの中、軽自動車やバイクにも保管できるところが今迄のジャンプスターターにはない「V12」の魅力になっています。

4,000ccまでの車両に幅広く対応しています。

V12マルチチャレンジャー 対応車両一覧

■ 夜間作業もOK!LEDライト搭載!

v12multicharger-osusume 06

V12マルチチャレンジャーには夜道での作業、非常時にも絶対に必要なLEDライトも搭載されています。

暗い場所で車のボンネットの中を確認する際にはLEDライトが非常に便利です。

また、非常時に派手に点滅する「フラッシュ」で周りに注意を呼びかけたり、助けを求める「SOS」信号に切り替えることも可能です。

■ スマホやさまざまなデバイスの充電もOK!

v12multicharger-osusume 07

モバイルバッテリーとしても文句なしの安定したチャージ出力なので、大容量でもスピード急速充電が可能です。

iPhone、iPad、スマホ、Wi-fiルーター、デジカメなど、さなざまなモバイルデバイスに対応して、最大2倍速の充電も可能です。

バッテリー上がりはもちろん、モバイルにも対応した、モバイルバッテリーとエンジンスターターが融合した、マルチユースの1台です。

V12マルチチャレンジャーは、災害時や緊急用としても役立ちますよ。

ほんのおまけ程度に考えていた充電機能だったのですが、複数の端末の同時充電に対応している上、ズボンのポケットに入れて持ち歩けることもあり、とても重宝しています。

V12マルチチャレンジャーは2015年、さらにグレードアップしてリニューアルしました。

さらにパワーアップしたV12マルチチャレンジャーは、バッテリー上がりの一発解消だけでなく、エアプレッサーと組み合わせればタイヤトラブルの予防にもなります。

バッテリー上がりで困ることを思えば、「V12マルチチャージャー」1台持っていれば安心ですよ。

>>世界最小のジャンプスターター!V12マルチチャージャー

ジャンプスターター/V12マルチチャージャーとは?

v12multicharger img 160303

ジャンプスターターとは、主に自動車のバッテリーのトラブルにより、 エンジンを始動させることができなくなった自動車を救援するために、必要な電力を瞬間的に供給してくれるカー用品です。

車のトラブルで多いのが、エンジンがかからなくなるバッテリー上がりです。

対処法として3つの方法があります。

1. ロードサービスを呼ぶ

v12multicharger-1-001

JAFなどのロードサービスを呼べば12,000円から24,000円くらいの費用がかかりますし、時間もロスします。

2. 救援車に助けてもらう

v12multicharger-1-002

ブースターケーブルと呼ばれる赤と黒2本の専用のコードを使って、バッテリー上がりの車と救護車のバッテリーを繋げてエンジンを始動させる方法です。

へんぴな場所だったり夜間だったら救護車がすぐに見つかるとは限りません。

3. 自前のジャンプスターターを使う

v12multicharger-1-003

この方法だと事前にジャンプブースターを購入しておかなければなりませんが、たった数十秒でバッテリー上がりは解消できるので、救援車やロードサービスを呼ぶ必要もありません。

車のトラブルは時間もロスしてしまいます。

観光などで訪れた場所ならなおさらです。

そんな時に役立つのがジャンプスターターです。

簡単な作業でバッテリー上がりを速効で解消してくれる救世主です。

バッテリー上がりはいつ起きるかわかりません。

なので、車載できるものでなければ意味がありません。

それもできるだけコンパクトなもの。

ジャンプスターターでも、大きかったり、重かったりするとあまり意味がありません。

V12マルチチャージャーのような小型のジャンプスターターがオススメです。

V12マルチチャージャーは手のひらサイズで、重さはなんと210gで厚さ14mm。

ズボンの後ろポケットに入ってしまい、スマホと間違えるくらいコンパクトなジャンプスターターですが、1回の充電で車20台分のバッテリー上がりに使えるパワーを備えています。

v12multicharger-1-004

4,000CCまでの車に対応しており、もちろんバイクにも使えます。

また、日常生活ではiPhoneやAndroidなどのモバイルデバイスの充電にも使えます。

V12マルチチャージャーなら最短1分でエンジンを復活できるので、バッテリー上がりで慌てないように準備しておきましょう。

>>世界最小のジャンプスターター!V12マルチチャージャー